【更新】【重要】6月11日に「画像認証」機能導入しました
2012/06/05
[2012年6月11日 更新]
本日15:00より「画像認証」機能を導入いたしました。
これにより、従来のログインIDとパスワードの入力に加え、ランダムで表示される文字入力が必須となります。

◇◇◇画像認証FAQ◇◇◇
「OTP」「IDロック」を利用されている方には「画像認証」は表示されません

[2012年6月6日 掲載]
2012年6月11日(月)よりガンホーゲームズサービスへログインする時(※1)に「画像認証」機能を
全てのユーザー様に導入させていただきます。

従来のログインIDとパスワードの入力に加え、ランダムで表示される下記のような文字入力が必須となります。

画像認証

(※1)ガンホーゲームズサービスへログインする時とは
各種ゲームタイトル、アトラクションセンターなど、ログインIDでログインする全ての場所

■「画像認証」機能を導入する理由■
インターネット上では、IDとパスワードを用いてログインするサービスが多くありますが、
これら様々なサービスで、同じIDとパスワードの組み合わせを利用している方の「リスト型アカウントハッキング(※2)の
被害が相次いでおります。

また、最近の「リスト型アカウントハッキング(※2)はIDとパスワードの入力を高速で
自動入力するようプログラム化していることを確認しております。

ガンホーでは、お客様が被害に遭うことを防止するため、悪意を持った第3者がリスト型アカウントハッキングを
試みた場合においても、自動ログイン試行を防止するため「画像認証」の実装を行います。

(※2)「リスト型アカウントハッキング」とは
不特定の企業やサービスなどから流出、または盗んだID、パスワードのリストをもとに、悪意ある第三者が
様々な企業のサイトに対して不正なログインを試みることです。

この結果、ログインに成功したIDから、情報などを詐取される被害が相次いでおります。


■「画像認証」入力の省略について■
「画像認証」は全てのお客様が対象となりますが、以下のいずれかにあてはまる場合、入力が省略されます。

(1)過去一週間以内に画像認証を使ってログインし、
 「認証情報の保持」のチェックを行ったIDで同じパソコンからログインする場合
(2)ワンタイムパスワード、またはIDロックを利用している場合


ガンホーでは、万が一悪意ある第三者に大切なゲームデータを盗まれてしまった場合でも、
被害時に「ワンタイムパスワード」または「IDロック」のガンホーのセキュリティ対策を
ご利用いただいていないと、ゲームデータの救済をすることはできません。

特に高いセキュリティを誇るワンタイムパスワードは無料でご利用いただけますので、
まだご利用になられていない方は、ぜひともご検討ください。

◇◇◇ガンホーのセキュリティ対策◇◇◇
◇◇◇アカウントハッキング被害に伴うゲームデータ復旧対応に関するお知らせ◇◇◇